5/17「[なな]ボークス新シリーズ!塗るガレ【Dragonets】「龍神」作成しました。」をアップしました

[なな]初めての妊娠!コロナが不安。

母子手帳

なな

こんにちは、妊娠5か月目になる、なな(@ucu1k2)です。

結婚6年目で待望の赤ちゃんを妊娠したので、悪阻が治ってきた今、記録として実践していたことや今現在困っていることなどを記録として残していきます。

2020年、東京オリンピックという特大イベントの年に妊娠出産と忘れられない年になるぞ、と思っていたら気づけば世界的にコロナの影響で生活が一変。
不安な日々を現在も続けていますが、検索して辿り着く人が1人でもいたら、きっと同じような不安があると思うので少しでも共感してもらえればなと思っています。

妊娠に気付いたきっかけ

普段の基礎体温はバラバラで、いつも上がっているのか下がっているのか良く分からないガタガタグラフなのですが、今回は高温期かな?という体温が20日ほど続いた時、ダメ元で妊娠検査薬を使用した所、人生初の陽性反応!
これまで妊娠したかもと期待しては何度も落ち込んでいたので、今回も半分以上期待はしつつも、いざその時は「うお、マジかー」という感じで驚きが大きかったです。
産婦人科で妊娠が確定した時点で6週目と数日だったので、まだ3か月にもなっていない状況でした。

妊娠の兆候はあったの?

・普段よりもかなり喉が渇く
振り返ればなのですが、普段は殆ど水分補給をしない私が妊娠発覚する1週間ほど前から、めちゃくちゃ水分を取っていました。

なな

悪阻が酷い時は再び飲めなくなってしまったのですが、治まってきた現在、再び今までとは比べ物にならないくらい良く飲んでいます。
・軽く走るとすぐに気持ちが悪くなる
少し走るとすぐに気持ち悪くなっていたのですが、運動不足かな?と思っていましたがもしかしたら、これも兆候かもしれません。

実感があるとしたら、もしかしたらそんな感じだったのかもしれません。

悪阻はどんな症状?

・妊娠発覚後の6週目~7週目後半あたり
悪阻が始まったのかな?と思い始めた6週目を少し過ぎた時期は、食べ悪阻だったようで、お腹が空くと吐く回数が多かった印象です。
といいつつ、日常的にもなんだかお腹なのか胸の辺りなのかもやもやする感じで、お腹が空いていなくても1日で複数回、吐いていました。
・3か月目~14週後半まで
食べ悪阻から、気付けば吐き悪阻にだんだん移行。それがあまりにも酷くなっていき、ピークだと思っていた週を日に日に超えて、ひょっとしたら治まらないんじゃ・・・なんて思うくらいでした。
寝ても起きても気持ち悪く、何か食べても飲んでも、何もしなくても気持ち悪いのがあと何週間続くの・・・とかなり弱気になりました。
産婦人科で悪阻にと薬を処方されましたが、効いているのか効いていないのか分からない状況で相変わらず、毎日何回も吐いていました。
喉元に何かが引っかかっている様な感覚が常にしており、それが違和感となって気持ち悪さを助長させていたのかもしてません。

なな

正直、軽くなった今でも喉元の違和感、胸やけのような感覚が多少あるので時々吐いてしまうこともあります。いつになったら完全に終わるのか、正直まだ分かりません。

悪阻で辛いこと

・眠いのに寝られない
吐き気が24時間何週間も続いていると、なかなか眠れません。
・電車通勤時は悪阻との戦い
日常生活としては仕事があるため、電車に乗るのが1時間近くあることもかなり堪えました。
悪阻は日に日に酷くなるのに日常は変わらない。心身ともにかなり弱っていました。

なな

また今現在もコロナの影響が大きいため毎日、感染するかもしれないという恐怖があります。正直、電車通勤は悪阻が軽くなった今でも乗れば悪阻がぶり返してきますし、感染するかもしれないと毎回怖いです。

悪阻中に食べられたもの

・チーズ系
食べ悪阻の頃には良く食べていました。
国内生産のものは加熱されて販売されているので、食中毒の原因である「リステリア菌」に対する不安はありませんでした。
・牧場の朝ヨーグルト
比較的どんなヨーグルトも食べられましたが、食べ悪阻から吐き悪阻に移行してからも暫く食べられました。
ほんのり甘い味が昔から好きだったので、食べてみると幸せの味がしました。
・キーマカレー
吐き悪阻になってから暫く鬼のように食べていたもの。お肉はチキンが良かったです。
カレーの匂いは何故か気持ち悪くなりにくかったです。そして悪阻の影響でかなりの味音痴になっており、色んなものがカレー味になっていたのも美味しく食べられた理由かもしれません。

なな

因みに、良く聞くお米が炊ける匂いは私もダメで夜中の寝ている時間帯に炊き上がるようにしていました。

・トマト
悪阻中でも食べられると良く聞いていたので試しに食べてみると、今までに感じたことが無いくらいとても美味しく感じられました。

妊娠中に気を付けている飲食系

・チョコレート
カフェインが入っているため、食べ過ぎは良くありません。適度をもっての摂取は良いそうですが、チョコレートが大好きのため、あえて食べていません。
あと半年すれば食べられますが、半年は長いです。ガトーショコラが無性に食べたくなります。
・マグロ
大好きなマグロ。毎日でも食べたいマグロですが、種類によっては水銀を多く含んでいるため本当に時々食べるくらいにとどめています。
・飲み物
妊娠して分かったのですが飲んではいけない飲み物だらけですね。炭酸が苦手な私には更に狭めたような品数の少なさ。
今は麦茶をメインに飲んでいますが、たまに水にもお世話になっています。

なな

余談ですが、悪阻がとっても酷い時には経口補水液(OS-1)はとても良かったです。酷い時ほど美味しく感じます。そして飲むと少し楽になりました。

不安なこと

・コロナに感染しないか
もちろん元気に赤ちゃんが育つだろうかという一般的な不安はありますが、感染が怖いです。まだまだ出産の時期には遠いので、産休も取れない状況というのはかなりストレスになっています。
・パパママ学級を受ける事ができない
予約をしたのですが、コロナの影響でキャンセルになり次回は未定に。
出席することで知識を広げられるだけでなく、こういった行事に参加することで支援として様々な特典もその際に貰えるので参加できない今、本来得られた支援がないのも残念な気持ちです。
・マタニティ用品を買いに行けない
妊娠したらびっくりするくらいバストアップ、そして最近ではお腹もだんだん目立つくらいになってきております。
ですがお店がやっていなかったり外出するのも心配な今、なかなか衣類関係が手に入っていません。
マタニティブラはネットで可愛いのを見つけて注文してみてデザインともに結構良かったのですが、洋服は特にお腹周りのサイズがどうなっているのか実物を見たいのが本音なので、まだ買えていません。

なな

洋服はなかなか難しいですが、マタニティブラは結構いろいろな種類がネットでも複数まとめ買いができるのでお買い得でした。

・帝王切開
私の身長がかなり低く、初めての検診の日におそらく帝王切開になりますと言われました。なんとなく無痛分娩にしたいな、と思っていたのにまさかの帝王切開という話を聞いて純粋に少し怖いです。出産日に近くなればより詳しい話も聞けると思いますがやっぱり不安。

良かったこと

・主人が協力的
幸いなことに主人がとても協力的で、少し動くと吐いてしまうような悪阻の酷い時で家事は食事の準備ができなかったのですが、全てサポートしてくれました。

なな

普段からいろいろと率先してやってくれる人なのですが、本当にありがたかったです。

・生命保険に加入している
就職後すぐに生命保険にいくつか入っていたのですが、もしも帝王切開になった場合は入院給付金や手術給付金が出るので金銭面での安心は多少増えました。

数か月後にはママになる

私がママになるのかとお腹が膨らみ始めた今日この頃、なんとなく実感が湧いてきている気がします。
悪阻が治まってくると、赤ちゃんは大丈夫だろうか?なんて思ってしまったり悪阻が酷い時は早く終わってほしかったのになんだか不思議な感じです。
幸いなことに、主人はかなりサポートしてくれている状況でそういった点では良い環境といえます。また、実感は私よりも主人の方が湧いているみたいで大変助かっています。
これから数か月もすれば胎動を感じられるようになるのかと思うと、いよいよという感じです。
まだまだコロナでとても不安ですが、悪阻で苦しんでいた時期を脱出すると心身ともに元気になってくるので一時期よりも精神的にはとても楽にはなりました。

なな

こういった時期を乗り越えたら、きっと赤ちゃんは強い子に育つ。そう信じて頑張ります!
母子健康手帳[なな]妊娠してから行うこと