4/19[なな]「アタックガールガン」プラモレビューを更新しました!

[なな]「アタックガールガン×レディコマンダーアリスセットBOX」レビュー

ガールガンレディ

なな

こんにちは、なな(@nana_gunpla)です!
今回は、4/10に発売された「アタックガールガン×レディコマンダーアリスセットBOX」のレビューです!

ガールガンレディとは

ガールガンレディ

ハイターゲット向けプラモデルなどの企画から販売までを手掛ける「BANDAI SPIRITS」が原案の、女子校生たちが学校を舞台にプラモデルの銃を使って生き残りをかけたバトルを行なう“新時代の大人向け特撮ドラマ”がコンセプトの特撮ドラマです。
そして、このドラマに合わせて発売されたのがドラマでも使われた銃と女の子の「プラモデル」です。

ガールガンレディ[なな]プラモ・銃・女の子を合わせた異色の特撮ドラマ「ガールガンレディ」

なな

同時に発売された「アタックガールガン」プラモレビューはこちらから見てみてください!
ガールガンレディ[なな]「アタックガールガン」プラモレビュー

セット内容

なな

発売されるプラモデルは大きく分けて「ガールガン」と「レディコマンダー」と言われるプラモデルで、今回はこの2つをセットBOXとして発売されたもののレビューを行います。

ガールガンレディ

ガールガンレディ

そして中身がとてもボリューミーな内容になっており、感覚的にはメガミデバイスの様な大きさ。
ただ、さすがバンダイ!と思ったのは、ボリュームがある割にはヤスリ掛け等で調整して組んでいかなくても、合いがとても良い所。
そして、ランナーがとても切りやすいので、サクサク作れて子育てしながらの私でもパチ組で合計3時間ほどで作れました。

ガールガンレディ

ガールガンレディ

因みに、この「アタックガールガン×レディコマンダーアリスセットBOX」に特別に入っているのがこのカード!

なな

この「特典」が欲しくて、セットBOXを購入をしましたW

ガールガンレディ

気になる顔パーツは、こんな感じで3種類ありました。
バンダイらしい顔の作りをこのプラモもしており、ホシノ・フミナちゃんのプラモを彷彿とさせる作りでした。

シールの雰囲気的にはSDガンプラの様な雰囲気で可愛かったです。

ガールガンレディ

ガールガンレディ

今回は塗装はせずにパチ組にしたので、シール地獄でしたw

なな

ただ、色分けを塗装でするとしたらかなり大変だったので、ある意味シールの方が簡単だったかもしれません。

実際に作ってみた

アタックガールガン(基本武器)

MEMO
≪できること≫
●グリップを畳んだ収納形態への変形を再現できる。
●通常カートリッジが3個付属。通常カートリッジはグリップ底に装填可能。
●アタックガールガン・ブラストガールガン・チェンジガールガン間の連動が可能。
●レディコマンダーが銃上に搭乗できる。
●ディスプレイ台座が付属。複数の商品を組み合わせることで、台座を連結しチーム全員の銃を劇中のようにディスプレイ可能。

アタックガールガン Ver.アルファタンゴ(4/10発売)

ガールガンレディ

実際にトリガーが引けるようにバネが入っていたり、好きなマークのシールを貼れて自分だけのガールガンにできたりと遊び心が満載の作りになっています。
大きさは手にフィットする大きさになっており、比較としてMrカラーを置いてみました。

ガールガンレディ

なな

ドラマと同じプラモデルなので、ワクワクしながら作りました!

レディコマンダー

レディコマンダーアリス(5月発売予定)

セットBOXに限り、早めにゲットできるので、直ぐに作りたい方は是非、セットBOXを購入してみてください!

ガールガンレディ

ドラマで実際に使用されたプラモとのことで、かなり関節が動かせる仕様になっており、とても面白かったです。
また、表現の一つとして顔パーツだけでなく手のパーツがたくさんあるのは単純に面白かったです。

ガールガンレディ

なな

ドラマでは4体そろって飾られているシーンもあるので、是非チェックしてみてください!

ガールガンレディ

アタックガールガンをこんな風に展開させて、アリスちゃんを乗せることができる、コレがこのプラモの一番面白い所!
このライドバージョンにするために作られたんだろうな、と思わせる様々な箇所のギミックは作ってみると、凄い!とワクワクさせられました。

なな

サイズの大きさをツイートしている方もいました♪

ガールガンレディは買いか?

なな

結論から言えば、買ってほしい!買うと凄さが分かるから!です。
おそらく、今回1番購入していない人たちの気になる点として、女の子プラモの「フェイス部分」だと思います。
私としてはパワーパフガールズ系の色合いや雰囲気が好きなので大満足ですが、普段「フレームアームガール」や「メガミデバイス」のような美少女プラモデルに慣れてしまっていると物足りないフェイスにどうしてもなってしまうと思います。
フェイスが改造しにくい作りにもなっている、という点では少し手が出しにくいというのも確かにあるかもしれません。
ですが、あえて買ってみて!という理由の大きな点として、「とっても作りやすい」という点です。
普段、美少女系のプラモデルを作っている人も初めて作る人も、このバンダイらしいランナーの切りやすさ組み立てやすさは他のプラモとは抜きんでる凄さがあります。
これを体験すると、普段いかに美少女プラモが作るのが大変なのかととても実感でき、面白いかもしれません。